14:34:42
16

東南アジア旅行☆アンコールワット

更新が遅くなりました
無事に東南アジアからの旅行を終えて戻ってまいりました
さてさて、行った順に思い出しながら綴りたいと思います

まずは1ヶ国目のカンボジア
プノンペンからシェムリアップに移動してアンコールワット遺跡群の観光です
1日目はアンコールワット、アンコールトムなど比較的近場の遺跡を観光しました

アンコールトム
クメール語で大きな都市と言われるので、大きな遺跡です
広いです
門をくぐって中を少し見学
トゥクトゥクで移動して、バイヨン寺院を見学
人面像が有名で、人面像に合わせて写真を撮ってもらったりしました
ここは、多分複雑に入り組んでいるので、ガイドさんいなければ半分くらい見て終了したか、迷ってしまっていたことでしょう

その後はバプーオンに
妊婦さんや、12歳以下はダメと書いてあり、宗教的理由かと思ったら

階段が急だから危険という理由でした
本当急で、かなりキツイ階段です
が、上からの景色や中の様子は一見の価値ありですので、ぜひぜひ見てくださいね
本当に広いので、ガイドさんいないと迷子になってしまう可能性大です!

続いてトゥームレイダーのロケ地タプロームに

がじゅまるの木が絡みつく遺跡です
かなり神秘的ですが、とにかく観光客が沢山です!
カンボジアは雨季のため観光シーズンではないのですが、中国人が沢山いてなかなか写真撮影ができないという悲劇でした…
とにかく写真撮ろうとする前を割り込んでくるので若干イラっとしてしまいます…

ランチは近くのおみせで、カンボジア料理

スープや炒め物など、エスニック料理がたくさん
ちょっと黒い炒め物が、茄子とひき肉の炒め物なのですが、なんか実家で食べる茄子の炒め物を思い出す味でした
日本人の口に合う味付けでした


午後からは皆さまご存知のアンコールワット
正面の橋が工事中で、ぷかぷか浮く橋を通って行きました
それぞれの回廊に描かれているレリーフの説明を詳しくしていただいて何となくヒンドゥー教と仏教を知った気になりました
でも神様の名前が分かりにくく、記憶に残りにくいのが難点です…

ちなみにここも第三回楼が、子どもと妊婦さん禁止だったのですが、やはりお約束の

急な階段です

ちなみにこれらの遺跡群は神聖な場所ですので、露出の高い服では入れません
膝が出るズボンやスカートの場合、お土産やさんがあるのでそこでオシャレな腰巻スカートやズボンが買えます
5ドル(USドルですが、値引き交渉可能)
そもそもスカートだと急な階段上るのためらわれるでしょうから、パンツで行くことオススメです

最後にプノンバケンで夕日鑑賞です
こちらは山の上なので軽い登山をした後、遺跡の階段を登ります

こんな感じで夕日鑑賞
雨季のため雲が多かったのですが、普段ならほとんど見えないと言われた夕日がチラッと見え綺麗な夕焼けを鑑賞できました
どうやら乾季である11月以降がオススメらしいです
ただ、乾季は暑いそうなので、一長一短ですよね

ちなみに日本の方が暑いので、雨季の時期であれば暑さ対策は日本の夏程度で十分です!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村